愧為読書誤一生

ブログという名の読書ノート

夏目漱石

夏目漱石 「彼岸過迄」

まえがきにこうある。 『…かねてから自分は個々の短篇を重ねた末に、その個々の短篇が相合して一長篇を構成するように仕組んだら、新聞小説として存外面白く読まれはしないだろうかという意見を持していた。…』 この「彼岸過迄」はこの構想に基づく長篇であ…

夏目漱石「文鳥」

夏目漱石の私小説である。 門下生の三重吉が、漱石に文鳥を飼うよう勧める。金を渡して、籠と一緒に買ってきてもらい、飼い方を聞くとどうも大変そうだ。千代千代(チヨチヨ)と鳴いて可愛いので、水と餌を毎日取り替えてやるが、段々と世話を怠って、下女に…